組織について

会長挨拶

横断幕

有井会長

スローガン

感恩報謝
~ この瞬間、瞬間に恩を感じChanceを掴もう ~

令和2年度 第49代会長 有井 慎一

 令和2年度の年頭にあたり、謹んでご挨拶申し上げますと共に、皆様のご健康とご繁栄を心よりお慶び申し上げます。
 日頃より皆様方におかれましては、山梨青年工業会の活動に対し多大なるご理解とご支援、ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。
 山梨青年工業会は、1971年、昭和46年に設立し今年で49周年目を迎えることが出来ました。何よりも諸先輩方が情熱を持って築き上げてきた素晴らしい歴史だと感じています。先人の思いを引き継ぎ、時代の移り変わりと共に新しい事も取り入れながら、真剣に楽しみながら輝ける未来に向かって活動して参りたいと思います。
 そして、この歴史ある会の49代目の会長を仰せつかる事は誠に名誉なことであり、大変身の引き締まる思いもありますが1年間全力で務めて参ります。
 今年度のスローガンを「感恩報謝~この瞬間、瞬間に恩を感じChanceを掴もう~」とさせていただきました。「感恩」とは、うけた恩をありがたく思うこと。「報謝」とは、恩に報いること。
我々は常に多くの人やモノに支えられて生きています。幸せに生きていると感じる瞬間は、常に感謝の気持ちを心の中に持ち続けることだと思います。更にお互いを認め合い、「ありがとう」を伝える言葉が良い関係を築き、今まで以上に強い絆が構築し何事にも果敢に挑戦できる強い気持ちを持つことができると思います。この時代だからこそ、会員の更なる自己研鑽・資質向上と青工会の発展には「感恩報謝」の心が必要だと思い掲げさせていただきました。
 青工会は50周年の大きな節目に向けコツコツと小さな知識と経験を積み重ね突き進んでいます。経営者として、リーダーとして山梨の産業振興の一翼を担い輝ける未来に向かって活動して参ります。
 最後に山梨県、甲府市をはじめ関係諸団体の皆様、また事務局を担当していただいております甲府商工会議所の皆様、日頃より暖かく見守って下さるシニアクラブ会員の皆様、兄弟会であります昭島青年経営者クラブの皆様には今後も更なる親交を深めさせていただきながら両会の発展に繋がる活動を行いたいと思います。今後ともより一層のご指導ご鞭撻を心よりお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。

Return Top