組織について

会長挨拶

スローガン
平成30年度 第47代会長 中島 正裕

スローガン

「イノベーション」
~先人の想いを引き継ぎ、新しい未来を切り開く~

平成30年度 第47代会長  中島 正裕

平成30年度の年頭にあたり、謹んでご挨拶申し上げますとともに皆様のご繁栄を心よりお慶び申し上げます。
日頃より皆様方におかれましては、山梨青年工業会の活動に対し多大なるご理解とご支援をいただき、誠にありがとうございます。謹んで御礼申し上げます。
山梨青年工業会は1971年に設立させ今年で47周年を迎えます。これまで多くの諸先輩方が情熱を持って青工会に関わり、若者らしく真剣に楽しく活動していく中で、その時代に合わせて柔軟に変化してきた事が、長い歴史を築き上げてきた事の1つだと考えます。
さて、今年度のスローガンを「イノベーション~先人の想いを引き継ぎ、新しい未来を切り開く~」としました。
「イノベーション」とは、一般的に「新しい技術の発明」の意味で使われますが、本来は、技術に限らず、人、組織、社会の「変革」「新しい価値創造」を表します。
世界がものすごいスピードで進んで行く現在では、1年前の常識でさえ通用しない世の中になりつつあります。毎日なんとなく当たり前に行っている事を、常識に囚われず、新しい切り口や、新しい試みで、少しずつでも変えていく。そんな小さな変化の積み重ねが、やがて社会に大きな変革をもたらす人材や組織を作っていくと思います。
青工会には常に新しいことにチャレンジしてきた47年の歴史があります。今までの歴史や先人の想いを踏まえた上で、さらにもう一段新しい未来を切り開く行動を全会員でしていきたいと思い、このようなスローガンにしました。
 設立当初に比べれば様々な業種が所属していて、また時代を反映するように多種多様な個性が尊重される時代、組織基盤の整備も必要になってきますが、青工会の本質は、会員の自己研鑽、会員企業の発展だと考えます。青工会のための活動ではなく、青工会会員が自らのために自由な発想で活き活きと楽しく活動し、さらには、地元山梨の産業振興の輝ける未来のために貢献いたします。
結びとなりますが、山梨県、甲府市をはじめ多くの関係機関の皆様、事務局を置かせて頂いております甲府商工会議所様、温かい目で見守ってくださるシニア会員の皆様におかれましては今後もより一層のご指導、ご鞭撻をお願い申し上げましてご挨拶とさせていただきます。

Return Top